トップページ TOP 法人について 人材育成 サービス一覧 アクセス地図 採用情報 お問い合わせ

人材育成について

人事管理の基本的な考え方

敬愛会経営の持続的可能性を実現するため、「人事管理」は「経営管理」の幾つかの柱の中で最も重要な柱であり、「経営とは、人を育てること」にありと考えて進めていきます。

人材育成に努め、職員の自己実現を目指し「育成」・「活用」・「評価」・「処遇」という人事諸機能を有機的・一体的に結びつけた人事・労務管理を行っていきます。
〈敬愛会『人事トータルシステム』より〉
敬愛会『人事トータルシステム』の概念

シニア指導員制度

 シニア指導員制度とは、先輩職員が新入職員を指導・育成する制度です。育成方法は基本的にはOJTとなります。OJTとは、職場において仕事を通して人を育てる事を言います。
 先輩(シニア)には、社会に出たばかり、あるいは福祉の現場に入って間もない後輩(ジュニア)に、「福祉という世界」「敬愛会の職場」を教えるという大きな役割があります。福祉施設で働いている職員としての生活には、公私を問わず様々な問題があります。小さな事でも一人で悩んでいると仕事に支障をきたしたり、同僚に迷惑をかけたりして、日常業務がスム−ズに運びません。
 1年間を通してシニアがジュニアの育成計画を立てて、定期的な面談を通して日頃の悩みや課題を一緒に考え、解決し、よりよい職場環境を作って充実した職場生活を送れるようにしていきます。

目標による管理(MBO)

 当会の人事考課制度は、「目標による管理」の徹底と公正で納得性のある評価と処遇を行い、人材育成・活性化をはかり、個々人の働き甲斐と介護サ−ビスの向上を目指します。
 年度初めに上司と今年度の目標について話し合い、1年間の目標を明確にします。半期(6か月)毎に仕事の成果や仕事に対する取組み姿勢などを評価項目に照らし合わせて評価します。目標項目が明確にされている為、公正・納得性のある評価ができます。

自己申告制度

 各人の仕事や将来の方向、個別事情等を自ら申告する為の制度。現在の仕事内容や量、職場の人間関係や将来の方向性について自己申告シートにより申告してもらい、個々の適正・専門能力の把握、配置や育成の方向性を検討するツ−ルとして活用しています。

研修

 人材育成は「職場内研修=OJT」を基盤としましが、これらを補完する為の社内外での各種「職場外研修=OFF-JT」を加え、人材育成に取り組んでいます。
 各職員のレベル、立場に合わせて専門知識や技術・技能の向上、及び昇格・昇進に必要な研修を計画的に受けています。
左のひよこをクリックすると職員研修内容が閲覧出来ます。  
採用情報
皆様の声
イベント情報
ボランティア募集
広報誌
情報公表
長期入所申込書(大和市役所高齢福祉課)
トップに戻る